前へ
次へ

外構工事を業者任せにする人が多い

注文住宅においては設備をどうしようか、内装のデザインをどうしようかといろいろ考え自分たちからも意見をいうでしょう。話が進むと建物そのもの以外の外構工事をどうするかの話も出てきます。業者の中には建物と同一信仰的に話をしてくれるところもありますが、建物が終わってから決めようとする業者もいるでしょう。ただ建物のことを考えるのに精いっぱいの人たちは外構工事のことを考えるパワーが残っていなくて、それ以降を業者に任せるケースもあります。任せるといっても何も案などがなくて勝手に工事が行われるわけではなく、業者も最近の流行や予算内に収めるなどいろいろ考慮した案を出したうえで行ってくれます。興味がない状態だと業者が出された案に何の疑いもなく了承してしまって、いざ住み始めたら外構部分に住みづらい部分が出てきて困ったとのケースがあるようです。安易に考えがちな部分ですが、内装などと同様に自分たちの意見を持った上で話をした方がいいでしょう。

Page Top