前へ
次へ

一緒になって外構工事を行える

輸入住宅への憧れから、可愛らしい家が人気取りしています。それも中古物件をリフォームしてまで得たいデザインでもあり、内装はもちろん外構工事も行われています。屋根をプロヴァンス風の洋瓦に、壁はモルタル仕様など、外壁塗装業者に依頼しています。最近の住宅には、ひさしが設けられていないケースもありますが、このようにより南欧風にしたいがゆえに、ひさし無しのデザインであるようです。グラデーションを効かせたカラフルな屋根を設けるケースもあり、軽くて色落ちしにくい釉薬瓦を使用するなど、最近、外構工事に関する知識を持つ個人(家主)も増えており、工事業者と一緒にプランニングや予算などの話し合いが進められており、納得や満足度の高い工事が行われています。例えば、雨の日は濡れずに家に入れるカーポートですが、既製品を提案する業者が多いものです。木製の外観とマッチするため、金属部分が木製に見える塗装まで任せることができます。

Page Top