前へ
次へ

外構工事で駐車場の地面をコンクリートにする

住宅を建てるときは敷地いっぱいに建てるのではなく建物を建てない部分も残すかもしれません。建物内に自動車を置くスペースを設けないなら建物以外の部分に置くしかなく、その部分は外構工事としてきちんと整備してもらうようにしましょう。何もしなければ土がむき出しになった状態なので、雨が降ればぬかるみ自動車の出し入れに困ります。ぬかるんだ状態のところで出し入れをすれば車が汚れるかのせいもあり、土のままでいいことはあまりないでしょう。外構工事をしてもらう上では地面にどんな素材を使うかがあり、一般的にはコンクリートで固めるだけの工事が多いでしょう。費用も他に比べると安くなります。出来立てはもちろんきれいですが、時間が経過すると汚れやすくしかも汚れが落としにくくなる問題があります。それを考えるときれいさを維持できたり、汚れてもすぐに掃除ができる素材を敷いてもらった方が良いかも知れません。タイルなどを敷くなら建物との調和を考えるようにしましょう。

Page Top